2016年01月26日

無礼講第四夜『俺の話のつくり方』

河岸を変えての無礼講第四弾!
祭りじゃ祭りじゃ!!
ワッショイワッショイ!!


・・・となるかと思いきや、すでにお疲れモードの3人。
前回に引き続き、話(ネーム)のつくり方を真面目に話し合っております。

中道裕大が思いついた仕事を効率化させる方法とは?
ネームができなくて悩む中道に、モリタイシと麻生羽呂が披露する流儀とは?


漫画家を目指す若者必聴の30分!





posted by 酒漫 at 09:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だか前からラジオ内で「こんな話して需要あるのか?興味あるのか?」
「真面目な話してていいのか?」「専門的な話で普通の人は面白いのかこれ?」みたいな
危惧や心配を三人とも頻繁に話しておられますが、むしろそういうのを聞きたいので全然OKですよ。


勿論漫才みたいな話も楽しいは楽しいですが、別に漫才のような笑い話を
しなくちゃ・・・!(使命感)、みたいなのは感じなくてよいのですよ。
あくまでも漫画家という希少な職種の現役世代の生の話や舞台裏が聞ける、というのが
他のラジオや漫才番組にはない最大の武器であり強みであり特色なのですから。


正直な所、いちいち口を挟むような真似は極力せず、あくまでも無言のリスナーに徹したかったのですが
漫画家でも漫画家志望者でもないただの漫画読者(ここではリスナーですが)が
どう思ってラジオ内容を受け止めているのか、を一応一言いっておいたほうが
いいのかな?と思って、散々迷いましたが僭越ながら書かせて頂きました。


(追記)
それと時間守るマンをよくやっておられますが、
三人の都合によって時間がとれない(30分しか一緒にいられない)等で
収録時間が限られているのならば仕方ありませんが
別に一回の時間が長かったり一回の記事で何本にも分ける様な量になっても
喜んで聞いていますので、他に事情が無ければ無駄に時間が長くて
雑談してるようなものでもいいですよ。
三人の仲がよいので聞いていて楽しいですし。
それでは失礼いたしました。
Posted by 閲覧者 at 2016年01月28日 07:14
優しいお気遣い、ありがとうございます!

そう言っていただけると3人とも、本当に励みになります・・・

ラジオ配信を始めたはいいものの、全て初めてのことで完全に暗中模索状態ですので、常に不安な気持ちがつきまとっているのですが、リスナー様から「楽しかった」と一言いただけるだけで、また来月もがんばれます。

これは、漫画もおんなじですが・・・

これからも手探り状態ではありますが、いろんなことにチャレンジしていこうと思いますので、応援よろしくお願いします!!
Posted by 中道 at 2016年02月02日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: